ロト6の直近10回の結果と本数字の出現回数のグラフです(6月22日対応版)。予想や出目の研究に役立ちます🎯

ロト6の直近10回の結果と本数字の出現回数のグラフです。
6月22日の第1493回対応版です。
予想や出目の研究に役立ててください😄
抽選曜日の翌日に更新します!!

このコラムは過去記事です。
最新記事
は固定ページに移行しました。
最新のロト6の直近10回の結果とグラフ
↓ ↓ ↓
こちらからどうぞ!!

全体の直近10回の結果とグラフの全体の一覧は
↓ ↓ ↓
こちらからどうぞ!!

読者のみなさんに心に留めてほしいことがあります。
過去の数字の傾向を数字検討を楽しむことのために利用するのはアリと思います。
しかし、ロト抽選器は過去の結果なんて覚えていません。

抽選器の出目はワイルドなものです。前回と全く同じ数字が出ても不思議ではないし(実際に海外のロト宝くじでは2回連続で全く同じ数字が出たことがあったらしいです😮)どんな出目も出る可能性があります。

数字選択式宝くじは心理戦なのです!!多くの他の購入者が買いにくい数字を推理して万が一上位当選したときに特大のホームランをねらいましょう🤗

ロト6の直近10回の結果は下記になります。
2等以下の記載は省略しています。

見やすいように拡大して数字を色分けした版は下記になります。

1桁数字は、10代数字は、20第数字はピンク、30第数字は、40代数字はにしています。また、連続数字特徴のある数字太字にしています。

多くの人が本数字6個を選ぶときに適度に散らばった数字を選びがちですが、実は適度に散らばることは案外少ないのです。とは言っても極端な偏りも少ないのです。コメントからもわかるように本数字を1桁数字、10代数字、20代数字、30代数字、40代数字で分けた時に1桁数字なしなどの地味な偏りは結構発生しています。ロトナン動画のロト6アプリでは1桁数字なしや10代数字なしとかも設定できますよ!!あと、40代数字が2個出現なら思ったより出る感じです。1等ひとりじめをねらうなら40代数字は避けるより積極的にねらって行くのが吉かもしれませんね😄

今回のロト6の第1492回の抽選数字は本数字とボーナス数字が全て偶数で20代数字はなしでした。珍しい結果なので3連続数字とか4連続数字のときのように太字で書いています。選びづらい難しい数字と思ったのですが1等は2口出ました。全部偶数は珍しかったので本数字6個が抽選数字で全部偶数になるときと全部奇数になるときの確率を計算してみました。

どのぐらいの確率かみなさんも予想してみてください。結果は6個の数字全て偶数になる確率は約0.9%全部奇数になる確率は約1.2%でした。だいたい100回に1回ぐらいの出現率になります。

全部偶数とか全部奇数って案外思いつきやすいねらい方なのかもしれませんね。みんながねらいやすい数字をねらうのは損になる可能性が高くて、みんなが敬遠する数字をねらうのは得になる可能性が高いです。損とか得というのはどの数字を選んでも1等の当たりやすさ(当たりにくさかも😅)は同じなので万が一に1等が当たったときにひとりじめとか当選口数が少ない場合が期待できれば得ということです。

ロト6の第1491回は1等は1口のみで2等が該当なしという珍事でした。数字は適度に散らばったものの30代数字は3個と少し偏った数字になりました。今回は1等は1口出ましたが0口の可能性もあった、ねらいづらい数字だったと思います。理由は3個の30代数字が31に3を足した34と37という麻雀でいうところのスジ(1、4、7→イー、スー、チー)になっていた規則性のある数字だったことと1個だけの1桁数字が後半の08になっていたことです。

1個だけの1桁数字が後半の08とか09になるとねらいづらい理由は下記の参考コラムも読んでみてくださいね😄

参考コラム「ロト7,ロト6,ミニロトでちょっと気づきにくいねらい方を発見しました!!」は
こちらからどうぞ!!

そして直近10回の本数字の出現回数のグラフは下記になります。
結構偏るものですね。

ロト6の本数字出現回数(前回の2020年6月18日の第1492回まで)

ロト6アプリは下記のリンクからどうぞ!!
1桁なし」とか「10代なし」とか「連続数字」の指定もできるのです!!

もちろん無料無課金です。
WebアプリなのでスマホのSafariやChromeなどのブラウザでインストールなしですぐに使えます!!
デザインはゴツいけど全機能を2〜3分でマスターできます🤗

今すぐアクセスしてね!!
↓ ↓ ↓
こちらからどうぞ!!

ロトナン動画アプリ全体こちらからどうぞ!!

ロトナン動画の攻略コラムこちらからどうぞ!!